取材レポ♪ 美しい革工芸 アトリエ・アミュモーネさん


取材レポ♪
 ハート氣になる人や氣になる出来事を、メインパーソナリティーが取材します!!
取材されたーいという方は、番組にお問い合わせください。
☆問い合わせ kiratto.smile@gmail.com または ホームページ 「お問い合わせ」よりご連絡ください。関東以外の方は、日程応相談。
編集長・まこぱんだが取材に伺います。

 

色鮮やか、そして、多様な形に仕上げることができる【革工芸】を制作、そしてお教室もされている「アトリエ・アミュモーネ」さんにお話を伺いました。

 

ギリシャで出会った革工芸

旅行先のギリシャで出会ったアクセサリー。

そしてオリンピアで、大好きなアネモネの花に出会い、「アトリエ・アミュモーネ」ができました。

14517494_1060431580739913_7751524330375382821_n

アトリエは、佳代子さん・眞代さんが、それぞれに美しいアクセサリーから、実用的なお財布、バッグ等を創り出し、

お客様の元で大切に愛される製品を送り出しています。

14470449_1060431540739917_3891741403168263283_n

アトリエで保管されているバッグを撮影させていただきました。

 

全てが「一点もの」である製品は、そのことをよく御存じであるファンの方が、毎年開催される展示会に殺到されるとか。

14492500_1060431600739911_3189360315803700675_n

 

革工芸の魅力

革工芸で使うのは「豚の革」。

透明な革なので、色も好きな色を付けることができます。

アザミ革びいどろにつきましては、こちらをご参照ください → 「アザミ革びいどろとは

色を自分でつけるところからなので、まったく同じ作品にはなりません。すべてが「一点もの」になります。

 

そして、実際に手にしていただくとわかるのが、『軽さ』。

14479528_1060431607406577_5290835180879566757_n

 

特にアクセサリーでよくわかります。

軽くて、しかも、色が鮮やかでも軽やかな素材ゆえに、大ぶりの華やかなアクセサリーも上品に、かつ、着けていても疲れないのです。

購入したら使い続けたくなる・・・それが使用している革の良さであり、作品への探求を深めていく「アトリエ・アミュモーネ」さんの魅力でもあります。

ご自分らしさを大切にしたい方には、ぜひ展覧会で実際にアクセサリーを見て、着けてみていただきたいと思います。

アクセサリーの種類は、「アトリエ・アミュモーネ」さんのホームページに『ギャラリー』がございますので、そちらでもご覧いただけます。

 

それだけではなく、壁面のモニュメントとして、ランプシェードとして、色々なものが作る可能性の広いものであることも魅力です。

☆壁面のモニュメント

14470597_1060431567406581_3810907524014478623_n

☆ランプシェード

14441195_1060431730739898_5522247656791771806_n

光が透けて幻想的に。

 

 

自分でも作ってみたい方へ・・・お教室のご案内

毎月第3金曜日 13:00~16:00

毎月第3土曜日 13:00~16:00

詳しくは、「お教室案内」をご覧ください。

バッグをつくるコースと、アクセサリーをつくるコースがあるそうです。

 

初めての方は、制作の技術を学ぶためのカリキュラムがございます。

 

実は、きらすまメインパーソナリティーのあやこも習いに来ています。

 

++++++++++++++++++++

<アトリエ・アミュモーネ>

HP  http://atelier-amumone.jimdo.com/

 

眞代さんは、ヒーリングや西洋占星術、タロットもされています。
ブログでも革工芸の話が載っていますので、そちらもぜひご覧ください。

<ヒーリングサロン ルキア>

HP   http://risui-larcenciel.jimdo.com/

ブログ  http://ameblo.jp/risuie/

14449985_1060431534073251_7337013064665752023_n

ホロスコープが施されている手帳カバー(眞代さん私物)

14446136_1060431680739903_2911097377762648126_n

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る