取材レポ♪ 弁理士の亀山さんにお話を伺いました。


今回の「取材レポ♪」は、鎌ケ谷市にある「かめやま特許商標事務所」弁理士の亀山 夏樹さんにお話を伺いました。

 

発明とか、商標というものは・・・

 

「知的財産」というものになります。

※亀山さんのホームページのTOPにわかりやすく説明があります ⇒ http://kame-pat.jp/

その「知的財産」の一部を保護する権利が「知的財産権」です。

9869260ce6920c13c2fc78ef2adee9d0_s

 

知的財産を保護する、権利を設定する等の実務やアドバイス、相談にのるのが、「弁理士」という仕事。

 

権利は先に作った人ではなく、先に権利の出願が通った人が優先になります。

なので、後から「まねされてしまった」としても、権利を設定していなければ主張できません。

逆に権利を設定されてしまったら、権利侵害と言われる場合もあります。

 

そういうことを未然に防いだり、起きてしまった場合にどのように対応すればよいか。

相談できる弁理士さん、身近にいますか?

 

 

なかなか、伝えるのが難しい・・・??

 

このように「必要性」があるものではあるのですが、なかなか、その人にとっての【必要性】として伝えることが難しいようで・・・

どうしても、「何か相談事が起きてから」になりがち。

せっかく創りあげた製品やサービスであるならば、トラブルになる前に手を打ちたいですよね。

 

昨今、起業する人が増えています。

今後はもっと【権利】をどのように守るか、主張できるようにするかの重要性を、知っていただきたいなあと思います。

<知らない>では済まない時代になってきています。

 

できれば起業するときに、準備として商標権等のことも念頭に入れておくとよいですよ。

軌道に乗ってから、商標権者に使用差し止め請求をされてしまう場合もありますから。

 

 

取材後のアフタートークはこちらから

 

<ゲスト>

かめやま特許商標事務所  亀山 夏樹さん

13680912_293822624300716_2222101842975390871_n

「ものづくり」の現場を知っていることが強み。

千葉県鎌ケ谷市で開業し、主に中小企業の「知財戦略」を行なっています。

事務所ホームページ  http://kame-pat.jp/

ブログはこちら ⇒ 千葉の弁理士ブログ  -お客様の「モヤモヤ」を「スッキリ」に!-

13692472_293822554300723_2415272672231639378_n

インタビュアー: まこぱんだ

 

取材レポ♪
 ハート  氣になる人や氣になる出来事を、メインパーソナリティーが取材してきます!!
取材されたーいという方は、番組にお問い合わせください。
☆問い合わせ kiratto.smile@gmail.com または ホームページ 「お問い合わせ」よりご連絡ください。関東以外の方は、日程応相談。
編集長・まこぱんだが取材に伺います。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る