クウェスチョナリスト円華が行く!! Vol.12-1


3月のクウェスチョナリスト円華が行く!!は2週にわたって、「防災トランプ」開発者・福本塁さんにお話を伺います。

 

今回は、防災トランプについてお話いただいています。

カードにそれぞれお題がついていて、話をするとボーナスがもらえる、というゲーム感覚で「防災」について、もっと身近に感じよう・・・というもの。

12773335_973565049379749_618751880_o

写真:防災トランプ事務局より提供

 

防災トランプでは「プレイリーダー」が、参加している人たちそれぞれの体験を引き出す役目です。

お子さんの身近なことに置き換えて話を引き出すのも、プレイリーダーの役目。

 

もともと、防災トランプの開発は、お子さん向けで考えて開発されたものではなく、お子さんを預かる施設の管理者(教師、保育士、幼稚園教諭など)を対象にして開発されたそうです。

大人向けで作ってはいるものの、すべて「かな」をふってあるので、お子さんの参加も可能なのです。

 

「危ない事があったら【どうせ叱られる】だから言わない」となりがち。
お子さんの体験を引き出すことで、お子さんの視点でどのような危険があるのか、また危険を回避する方法は・・・と
親子のコミュニケーションをもっと図れる「場」にすることもできるのです。

 


 

ゲスト: 福本 塁さん

株式会社ウイングベース代表取締役のほか、神奈川わかものシンクタンク代表理事等、多方面にわたって活躍しています。

福本さんの活動はホームページ(http://rui.jp.net/)でもご確認いただけます。

*教材制作
*地域活動
*研究

この3つの柱を融合させて、「防災」に取り組んでいます。

「災害に強い人を育てる」取り組みを行なう方法として、<防災トランプ>を開発。
<防災トランプ>を通じて、世代を超えて体験談を話す【場】を作っています。

防災トランプについてはこちら ⇒ http://bousai-trump.jp/eventinfo/


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る