まこぱんだ


現在、この番組でパーソナリティーをしているみなさんをご紹介しております。

 

自称・へんしゅーちょー  初期メンバーです

パーソナリティー名

まこぱんだ

 

担当コーナー

「Sound Scape」「ヒキダシストまこぱんだのHappynavigation」「取材レポ♪」「Recommend Song」「ラジオ職人のしゃべり場」「まこぱんだの北陸ガイド」

*2014年12月放送開始時からのメンバー。たんなんFMとの連絡係 兼 番組のへんしゅーちょー。

 

好きなことにまっしぐら♫ 好奇心でできている

自分が使えるツールを駆使して、その人の可能性を引き出す『ヒキダシスト』。
ツールは、カラーセラピーやヒーリング、占いをメインに、その人の話を聞きながら「まだ気づいていない可能性」などを見つけ、サポートしていきます。
器用といえば、器用。割と何でも自分でやってしまう人。

在宅で、ライターもしています。
最近は、「クレイクチュール」「越前和紙」を使ったハンドメイド作家としても活動し始めています。

もうじき、販売サイトが出来上がる(はず)予定。

 

ブログやSNS

[ブログ] https://ameblo.jp/makopanda3

[Twitter] https://twitter.com/makopanda3

[Facebook] https://www.facebook.com/masako.mandai

[Facebookページ] https://www.facebook.com/colorfulstage/

[Instagram] https://www.instagram.com/makopanda3/

 

出身校や資格

日本大学法学部法律学科卒業

初級システムアドミニストレーター 取得

ビジネス実務法務検定2級 取得

虹のしずく(R) カラーセラピー コンシェルジュ

ヴォーグ社 クレイクチュール インストラクター

 

多趣味なチャレンジャー

社交ダンス、フルートを習っています。

音楽歴

小学1年〜高校2年 エレクトーン

中学1年〜高校2年 吹奏楽(打楽器)

中学の時は並行して合唱部にもサポートで入っていました

社会人2年目〜3、4年  女性三部合唱のサークルへ

メゾソプラノを担当

40代手前からヴァイオリン、40代に入ってから念願のフルートを習っているなう。

現在ヴァイオリンはお休み中、先生探しています

 

社交ダンス

社交ダンスは大学1年だけ学連で、次に膝のリハビリで社会人3年目あたりから区のサークルでスタート

フォーメーションダンスのサークルに属し、モダン部門で優勝を経験

結婚を機にやめたものの、下の子が大学生になってからレッスン通いを再開

 

その他

読書と本屋巡り、小物作りと手芸店巡り、街歩き、旅行、テキトーに料理を作る、パンを焼く

 

 

<コメント>

へんしゅーちょー・まこぱんだです。
ご縁があって、なぜか出身地ではない福井県のコミュニティFMで流してもらっています。
ラジオを始めてから、行動範囲が今まで以上に広くなったことと、人との距離の取り方が上手になってきたかなと思います。
それはきっと、自分が伝えたいことを考えたりまとめたりする(しなくちゃいけない?!)ということが、大きく関わっているのではないかと感じています。
やりたいことがいっぱい、逢いたい人がいっぱい、というのは、とても幸せなこと。

これからも色んなところへ、色んな方と出会って話を聞きたいと思っています。

 

他の局でも番組持っています

敦賀FMにて、

◆ Sparkle Express  毎週月曜夜20:00〜20:59

◆ Dream Canvas 毎月第3・第4木曜夜20:00〜20:59

敦賀FMエリア外では、Listen Radioでお聴きいただけます

Listen Radioの聴き方(敦賀FM)

a) パソコン

Listen Radio(リスラジ) にて、

ラジオチャンネルを選局 → 全国のラジオ局 → 北信越 → 敦賀FM

b) スマホ、タブレット

Android版

iPhone版

ダウンロードしたら、ラジオチャンネルを選局 → 全国のラジオ局 → 北信越 → 敦賀FM

※a)、b)どちらも、一度登録すれば次回からすぐお聴きいただけます

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2018.10.30

梶川博士の教育相談① ~努力しているけど、チカラになってない?!

毎月第1週/第2週にお送りしています、「教育」をテーマにしたコーナーです。 今月は、プロ家庭教師・佐々木恵先生を迎えてお送りします。 …

ページ上部へ戻る