ヒキダシストまこぱんだのHappynavigation ~名前の由来とピンクの話


2018年4月から第1週にお引っ越ししました!

「色」と「暦」で毎日をちょっとHappyに♪

ヒキダシストまこぱんだのHappynavigation

 

「ヒキダシスト」の由来

以前、きらすまのメインパーソナリティーをしていた「ゆきねえさん」に、名前をつけていただきました。

カラーセラピーや占いをしている私。取材等で話を引き出している私。

想いを引き出すアシスト=ヒキダシスト

ということで、名刺にもヒキダシストって書いています。

 

特にラジオ「Dream Canvas」の時に、本領発揮(してるはず)。

ラジオ「Dream Canvas」は、”夢を語ってもらう”番組です。ナビゲーター・まこぱんだです。

敦賀FMで、毎月第3/第4木曜 20時~20時59分 にお送りしています。(第3:本放送 / 第4:再放送)

3月まではたんなんFMで、4月からは敦賀FMで放送です。

誰かの話す”夢”が、あなたの人生のヒントになる・・・かもしれない。

毎回収録では、たくさん気付くことを得られる、超役得な私。

4月は、「心と体の癒やし人」緋彩華(ひろか)さん。

夢や妄想をいっぱーい、しゃべってもらう番組♪

だから、話すのも楽しくなる。

 

「ピンク」 好きと嫌いに分かれる色

4月にお送りする色は、「ピンク」。桜の季節ですしね。

ベビーピンクから明るいピンク、ややくすんだピンク・・・と、「ピンク」をひとつ取ってもたくさんあります。

メイクでも、オレンジと並んでメジャーな色ですね。

ピンクは、女性が取り入れる色ですが、最近では男性もポイントで取り入れています。

男性がポイント的に使うと、母性本能をくすぐられたり、柔らかさを与えます。

 

そして、ピンクは若さの象徴ということで、ピンク色をイメージしたブリージング(呼吸法)をご紹介。

まこぱんだも実際に講座で受けたり、本で読んでやってみたもの。

 

色は「波長」なので、目で見るだけでなく、身につけたり食べたりすることで、知らず知らずのうちに

私たちに影響を与えています。

 

恋愛といえば・・・思い浮かぶ色

そして、「恋愛」=ピンク、と思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

恋するドキドキ感、愛する・愛される幸福感。

恋愛はホルモンにも影響するのは、もう有名な話。

特に女性はね(きっと男性も影響あるだろうけれど)。

 

恋する女はキレイさ~♪と「お嫁サンバ」でも歌ってますし。

 

「ピンクは苦手」という女性がいるという事実

一方で、ピンクを敬遠する人が多いのも事実。特に女性に多いのでは??

 

子どもの頃に

「女の子だからという理由だけでピンクを押しつけられた」

「ピンクが好きなのに、似合わない、キャラじゃないと使わせてもらえなかった」

という経験が、残りやすい。

 

あとは、

「たまたま似合わないピンクを身につけて、批判された」

「トレンドだからって、しっくり来ないピンクのルージュを勧められた」

とか。

 

ピンクだって、その人に似合うトーンがあるのに。(メイクに関しては、「似合わせる」ってあるけど)

色はたくさんあるのに、特に「ピンク」は女性の心に残りやすいようです。

 

キャラじゃ無かろうが、そんなことは他人には関係ないのです。

そして、似合う色は知っていた方がイイですし、似合わない色はトレンドであろうが、納得いかないなら無理して使わない方がイイ。

なんて、思ったりするのは、私が

 

「ピンク、苦手でした」

 

という経験があるから。

それほど、ピンクという色は女性の心に影響を与える色なのだとも言えますね。

敬遠するよりも、「私、こんな感じのピンクなら好き!」と思えるピンクを探してみましょう。

小物から入るのが、入りやすいかな。

 

お花を飾るのも、いいですね。

ピンク一色じゃなく、他の好きな色も混ぜて。

 

・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・

期間限定の音声はこちらから

2018年5月8日(火)まで

・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2018.4.25

ヴォイスカウンセリングの広場 ~ヴォイスカラー Part1

声で知る、あなたの強み・・・それが「ヴォイスカウンセリング」。 ヴォイスカウンセラー・生澤和義がお送りしています。 あなたが発す…

ページ上部へ戻る